代表の中村です。

本日、株式会社トレタは創業二周年を迎えました。
ここまで順調に来られたのは、サービスの価値を認めてご利用いただいている全ての加盟店さまと、サービスに共感して集まってくれた社内外のメンバーやパートナーさまと、可能性を認めて投資してくださった投資家の皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。
 
★★★
 
細かい数字や実績は追って何らかの形で発表しますが、創業から2年、サービスリリースからは1年半が経ち、トレタは昨年と比較して大幅な成長を達成しています。
月額課金の事業モデルであることも手伝って、売上も着実に伸びてきており、成長への投資をやめればすぐにでも黒字化できるところまでなんとかたどり着きました。(と言ってもまだまだ積極的に赤字を続ける予定ですけれど)

2010年ごろ、豚組しゃぶ庵の予約電話と予約ツイートを必死にさばきつつ「予約管理サービス」の必要性を痛感してから5年。その実現に何度も挑戦しては跳ね返されながら、それでも執念深く追い続けて作り上げたのが「トレタ」というサービスです。
まあ、何かをゼロから作り出そうとしたら、物事なんてそう簡単にスムーズに進むわけはありません。関わる人たちだってそれぞれ多種多様な考え方があるわけですから、意見や思惑が一致しないことだってあります。周囲の環境とは摩擦もおこります。どっちかというと平和主義で、可能な限りみんなと仲良くやっていきたいという僕からしたら、そういう摩擦一つ一つがストレスになるわけで、そんなストレスを抱えながらなんとか二年頑張ってきましたというのが率直な感想ではあります。それでも折れずに愚直に続けてこられたのは、全ては5年以上にもわたる難産から生まれた「執念」ゆえだったのかもしれません。

そんなこんなで紆余曲折はありましたが、二年経って思うのは、やはりトレタは「人」に恵まれたってことです。僕の葛藤やストレスとは別に、トレタというサービス自体はスタート時からとても順調に伸びてきているわけですが、これはもう本当に関わってくれた全ての人たちのおかげです。社内・社外問わず、本当にたくさんの方々に助けてもらいました。
これまでお世話になった方を数えたら、その数は優に200名を超えていました。その全ての皆さんに、改めて深く深くお礼を申し上げたいと思います。

★★★
 
今日入社したメンバーも加えると、トレタは35名のチームになりました。今まで「人柄採用」を貫き、どんなに採用ペースが遅くなったとしても、高いスキルと人間性とを兼ね揃えたメンバーだけを仲間に迎えてきたおかげで、今のトレタは団結力があり志が高いメンバーが揃っていると実感しています。
二年が経ち、トレタはいよいよお店の営業を支える「インフラサービス」になりつつあります。「トレタが止まったら営業が止まる」というお店の数を考えるだけで、背筋がゾッとします。夜も眠れなくなります。
サービスを支えるために日夜頑張ってくれるエンジニアやサポート、より一層の改善に取り組んでいるデザイナー、トレタのさらなる普及を目指して走り回る営業やマーケ、それらを陰で支える管理部門など、みんなが互いに敬意を持って協力してくれているからこそ、トレタは今日もお店から信頼されて使ってもらえているのだと思っています。
メンバーのみんな、本当にありがとう。

★★★
 
二年たった弊社ですが、僕らの目指すところは、創業から全く変わっていません。
外食のイノベーションは、これからはユーザー側ではなく店舗側で起こっていきます。そのとき、そのイノベーションを先導していくのは僕らでありたいという思いはそのままです。
これまで「飲食店の利益」と「お客様の利益」は相容れないものと考えられてきました。トレタは、両社がともに長くハッピーになれるような仕組みを作り、個性的で魅力的なお店がもっともっと繁栄できるような業界を実現していきます。


そんなわけで、僕らはこれからも初心を忘れず、食文化の発展を目指して、よりよいサービスを作っていきたいと思っています。引き続きトレタをどうぞよろしくお願い致します。
そして、トレタで働いてみたいという方は是非ご連絡ください。今ならほぼ全てのポジションで求人しております!