はじめまして7月に入社しましたフロントエンドエンジニアの吉田です。

今回はトレタでどのようにWEBのフロントエンドを開発しているかをご説明したいと思います。
それだけでは間が持たないので、美味しい雲丹の画像とともにご紹介します。

トレタは予約台帳としてiPadアプリをメインで開発しています。
iPadが手元になくても、PCやモバイルのブラウザで予約履歴、顧客台帳や分析などの機能を提供しているのがトレタマネージャーになります。
ブラウザを利用する際の操作はiPadとは異なるため、アプリの操作をそのまま再現するのではなく、ブラウザでの操作がしやすいように設計しています。
d8827994-41b4-11e5-81be-22000aba146f
こちらは利尻うに小屋の塩水うに食べ比べ
北海道から直送のバフンウニとムラサキウニを豪華に食べ比べ。
ミョウバンは不使用のため時間が経つと溶けてしまいます。

利尻うに小屋
東京都豊島区高田3-10-14 吉野ビル

では、トレタマネージャーでは、どのように開発しているかをご紹介します。
主にフレームワークはAngularを使っています。
ひな形はYOEMANを使用してangular-fullstackで作成しました。
これはAngularで開発する際に頭を悩ますディレクトリ構造やテストなどをひと通り作成してくれるジェネレータになっています。
uoteru
こちらは魚輝の雲丹土鍋ご飯。
土鍋いっぱいに雲丹が敷き詰められており、圧巻の一言。
火の通った雲丹も甘味が増してうまい。

魚輝
東京都港区六本木7-6-3 喜楽ビル101
最初期に開発したものはJavaScriptですが、新しいモジュールはTypeScriptで書いています。
TypeScriptには型定義があり、複数人での開発ではバグを発生しにくくしてくれます。現時点ではブラウザでは実行できない機能などを利用できるようにしてくれます。
もちろんそのままではブラウザでは実行できないので、実行できるJavaScriptに変換してくれます。

CSSにはSCSSを利用しており、CSSを書くより数段見通しもよく書きやすくなっております。
Bugsnagを導入しており、クラッシュレポートなどはこちらにお任せしています。
06234f7a-3b22-11e5-8ef9-22000ab99666

最後に松玄のうにそば
雲丹と蕎麦のコラボレーションは初めてでしたが、美味しくいただけました。
写真では雲丹が隠れてしまって少なく見えますが、海苔と蕎麦の向こう側には沢山の雲丹が潜んでいます。

松玄
東京都渋谷区広尾1-3-1 ハギワラビル 1F

そして、最後にGruntを利用して、ユニットテスト、e2eテストを経た後、デプロイしています。
トレタでは現在仲間を募集中です。

※美味しい雲丹情報も募集中です。