こんにちは!トレタ事業開発室の金髪じゃない方の進藤です。頭皮の保護に日々邁進しております。

さて【Toreta BizDev Blog】第二弾です。 

【Toreta BizDev Blog】ミッションはトレタの未来をつくり上げること!事業開発室の紹介と最近の業務提携まとめ

今回は当社のアライアンスの取り組みのひとつである、「メディア連携」について改めて整理したいと思います。

そもそもメディア連携とは?

現在のトレタとメディア各社様の取り組みを端的に表すと、メディア経由でユーザーが予約した情報を自動でトレタに取り込むこと、です。取り込みの方法はAPIを利用したサーバー間の接続や、トレタweb予約のリンク掲載など様々です。お店の予約管理をトレタでしている飲食店様は、メディアからの予約情報を手間なしで一元管理できます。

しかし、メディア連携が実現する前は、飲食店の予約の管理は以下のような状況でした。
001

これ全部手動で管理していたんですよね。この大変さは、以前代表の中村がヤフー様と連携開始した際のブログで書いておりましたので引用します。

"今までのネット予約には、大変な負荷と無理がかかっていました。その無理がかかっていたのは言うまでもなく飲食店の現場。空席情報をグルメサイトに登録し、ネット予約の受付を常時ウォッチし、受け付けた予約を手書きで台帳に記入し、一方で電話予約で満席になってしまったら即座にネットでの受付を中止するなどの作業を日常的に行うことを強いられてきました。"

飲食店が情報掲載するメディアの数に比例して、予約管理業務の負担も大きくなります。もちろんメディアの効果として新規集客に貢献するので、飲食店も予約管理に時間を使うことは業務として仕方がないことだったのかもしれません。

しかし、これがトレタの利用で解消されます。
002

飲食店さんはトレタで予約を管理しているだけで、トレタと連携しているメディアからの予約の確認や、在庫管理ができるようになりました(※1)。これによりメディアの数だけ増えていた管理の手間が一気に解消されました。

メディア連携のメリット


メディア連携のメリットは飲食店だけに限りません。予約管理の手間が解消されると、飲食店がオンライン上に解放する空席も増えますので、予約をするユーザーにとっても非常に便利な状況を生み出せます。また、メディアにとってもユーザーへ提供できる空席在庫の増加、飲食店に提供しているメディア管理ツールのオペレーションコストの解消につながります。このように予約台帳とメディアが公式に連携することは飲食店、ユーザー、メディア全てに良い影響をもたらします。これは、まさにトレタが目指す「三方よし」の世界観に繋がります。

提携先のご紹介



現在、当社は5つの企業様との公式連携を発表させていただいております。 時系列でご紹介いたします。

Yahoo!予約 飲食店 

ヒトサラ 

OZmall 

LINE@ 
  LINE グルメ予約(※2)

楽天ダイニング 

トレタはあくまで予約管理ツールですので、集客支援を目的としているメディア各社様とは業務の切り分けがはっきりしているため、非常に相性の良い提携になっています。提携先につきましては今後も増やしていく予定です。飲食店の予約管理の工数を増やすことなく、各店舗の販促ニーズにマッチした最適なメディアを選べる環境を作り上げたいと考えてます。

メディア連携の今後

トレタとしては、メディア経由の予約管理を楽にすることはまだ第一段階です。トレタを導入頂いている飲食店様向けには、今後は管理だけではなく分析機能も拡充し、飲食店様が最適な選択をできるような仕組み作りを進めていきます。また、提携メディア各社様ともより深いご連携をさせて頂くことで、予約管理をもっと便利にする機能や、メディア×予約台帳ならではの施策など作り上げていきたいと考えております。

引き続き、株式会社トレタならびに事業開発室を宜しくお願いいたします。

お問い合わせ

連携先メディアの詳細を知りたい!という導入店舗様は、担当営業へお問い合わせください。
トレタ未導入の飲食店様や、メディア企業様他ご連携のご相談等は下記フォームよりお問い合わせください。
https://app.toreta.in/request

事業開発室メンバー募集中

事業開発室ではメンバーを募集中です。Webサービスやアプリの企画・運用経験がある方や、プロジェクトマネジメント経験がある方、ぜひ一緒に働いてみませんか?
「トレタ」のサービスの可能性を拡大する事業開発ディレクターを募集!


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※1 提携メディア様によって仕様が違います。詳細はお問い合わせください。 
※2 LINE@、LINE グルメ予約との連携サービスリリース時期は現在調整中です。