みなさん、はじめまして。
シンガポールでサポートを担当しております、まおです。

トレタのアジア支部が会社として動き始めてからはや2か月。
まだまだ毎日バタバタしていますが、これからシンガポールレポートを少しずつ書いていければなと思っています。

今日は、シンガポールってどんな国なのかな?というところを一緒に見ていきましょう。
1477960_10202857682821920_19068759_n
いやー、素敵ですね。普段は見慣れた街並みですが、こうやって見るとやっぱりうっとりしちゃいます。

こんな美しい国に住んでいるシンガポール人はどんな人たちなのかといいますと約7割が中華系。それに次いでマレー系、インド系・・・という他民族国家です。

そんな事情もあって、シンガポールの公用語は英語で統一されていますが、街ではこんな注意書きをよく見かけます。
DSC01889
上から英語・中国語・マレー語・タミル(インド)語で非常出口の案内をしています。

トレタのシンガポールオフィスも、実はとってもインターナショナル。
中華系シンガポール人、マレー系シンガポール人、フィリピン人、日本人が、基本的には英語で話をしていますが、お互いの母国語を教えあったりしながら楽しく働いています。

さて、シンガポールといえば、罰金も大きな特徴のひとつ。
電車や駅のルールを例にあげてみましょう。
Singapore_MRT_Fines
たばこを吸うと1000ドル(約8万2000円)
飲み食いしちゃうと500ドル(約4万1000円)
引火性液体を持ち込んだ場合には、な、なんと5000ドル(約41万2000円)!!

みなさんも、シンガポールへ遊びに来られるときは十分気を付けてくださね!

一応ドリアンを持ち込んじゃいけませんよ、ともありますが、だれかが持ち込んでいると、臭いで一発でわかりますが、罰金は科せられないようですね。

そして、シンガポールの特徴といえば、おいしいごはんも私にとっては忘れちゃいけないポイント!
シンガポールには日本人を含む外国人がたくさん住んでいて、世界各地のお料理がハイクオリティで食べられるのが何よりうれしい。

シンガポールグルメについてもどんどん書いていこうと思ってるので、楽しみにしててくださいねー!

それでは、また。