こんにちは!トレタ事業開発室の進藤です。家の中からポケストップ2つにアクセスできます。

セールスチームの美味しそうなblogが非常に羨ましい昨今のトレタブログではございますが、今回は事業開発室から「ああ、そんなところにこんなデータあるのね」という話をさせていただきます。インターネット上にはなんでもありますね。

概要把握程度の調査は比較的楽

現在、当社としては日本におけるトレタ利用店舗様を増やすことに全社員一丸となって邁進しておりますが、同時にシンガポールにおいても事業を開始しており、先日アプリ配信と112店舗獲得のプレスリリースを配信しました。

トレタ、飲食店の予約/顧客台帳サービスの英語版を シンガポールで正式リリース

ということで、進出をするにあたり、事業開発室ではシンガポールの外食市場だったりなんだったりを調査することがありました。といってもシンガポールの情勢であればさすがインターネットといったところで、JETROが発表している資料があったり、フードリンクさんがニュースをまとめてくれていたり、その他国絡みで調査をしていた会社の資料が落ちていたりするので、ざっと理解するにはコト足りる状況でした。

独立行政法人日本貿易振興機構
https://www.jetro.go.jp/

シンガポールにおけるサービス産業基礎調査
https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/report/07000685/singapore_serviceindustry_report.pdf

フードリンク シンガポールTOP
http://www.foodrink.co.jp/asia/singapore/

Foodservice Data From Canada

しかし、全体の規模を知ってもなかなかそのままgoできないのが当社の製品でございます。なぜなら一般に外食といっても、ファストフードだったり屋台だったりと予約に縁遠い業態も含まれるからです。屋台は好きです。そのため、ターゲットを絞り込むことが重要です。そこで、どこかに落ちてないかな、と必死に探し回りまして、回りに回って行き着いた先がそう、桂文枝師匠の弟子として有名な桂三輝(カツラ・サンシャイン)を輩出したカナダの政府公式サイトの農業と飲食のマーケット情報ページでございます。

Agriculture and Food Market Information by Region

画面内の指の部分に注目。まずはSoutheast Asiaをクリック。
c1


東南アジアの国々のリストページが現れます。タイをクリック。
c2


国情報などの情報がありますが、そこのFoodservice Profileをクリックすると

c3


ドドンと、タイのフードサービスのカテゴリー別の市場規模を見ることができます。
c4
タイと言えば屋台のイメージですが、実は屋台(Street Stalls/kiosks)の市場は伸びていなかったり、代わりにファストフードが伸びていたりと、ヤムウンセンが美味しい国の様々な状況がここから読み取れます(2012年までですが)。ソムタムも美味しいですね。外資企業の進出状況等による変化も数字に現れてるのかもしれません。などなど想像を膨らませながら、実際に市場に影響を与えた出来事を調査していくのは、事業開発の仕事の醍醐味のひとつではないかと思います。

------------------

ということで、今回は世の中に落ちている面白いデータのご紹介とともに、事業開発室の業務についても触れさせていただきました。現在、事業開発室ではおかげさまで良いメンバーが集まってきておりますが、もしご興味ございましたら是非お近くのトレタ社員までお声がけいただくか、当社ウェブサイトよりお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。

採用お問い合わせページ


現場からは以上です。