こんにちは。デザイナーの川又です。最近オフィスの近くに引っ越して帰るのが楽になったので、業務が終わるとついついオフィスでビールを空けてしまいます。酔うと大概グダグダなわたしですが、酔ったほうがはかどるものもあるんです。

それは絵を描くこと。オフィスでは活かしようがないのでは?と思われるかもしれませんが、そうでもないんです。実はトレタのカフェスペースには大きな黒板があるのです!
移転したオフィスで最初に黒板を見た時に「デザイナーのためだ!」と勝手にテンションが上がったのを覚えています。でも、せっかくお客様やスタッフがよく集まるカフェスペース(オシャレ)にあるのに、ただの落書きで終わるのは忍びないなーと。

デザインチームのメンバーと、やっぱりトレタのロゴは欲しいよねー、でもそれだけじゃ寂しいねー、なんて話をしながら、最初は軽い気持ちでチョークを手に取りました。描き始めた頃の作品は以前書いたデザイナーも夢中!トレタの楽しいインテリアでも紹介しています。(この当時もわたしはビール片手に描いてますね。安定の飲みっぷりw)あれから1年、黒板がどうなったかと言いますと・・・

1、5秒

今でもしっかり続いています。軽い気持ちで描き始めたはずなのに凝り性なデザイナーが多いので、気付いたらかなり描き込んだ絵柄になることもしばしば。でもこうして見ると、いろいろな絵柄やタッチを試しているのがわかります。そしてここ最近、また新しいテイストに挑戦し始めました。

黒板最新

最新の作品がこちら。テーマは「Halloween」。地の黒色を生かした黒板だからこそできる表現!これまでとは違う奥行きのある作品になりました。描いた本人たちも満足の一枚です。

そんな黒板アート、どうやって描いてるの??と聞かれることもあるので、今回は完成するまでの工程も少しご紹介させていただきます。と言っても、実はいつもあまり細かく決めずに直接黒板に描き始めているんです。だいたい2,3人のデザイナーで描くので、季節を考慮してテーマだけ最初に決めて(今回だと「ハロウィーン」)、そこからイメージを膨らませます。

そのイメージからモチーフ(今回だと、洋館や十字架、ジャックオランタンなど)のアイデアを出してー、レイアウトのあたりをなんとなくつけてー、少しずつ完成した絵の雰囲気を想像できるようになるので絵のタッチも自然と決まってきてー・・・ここまできたらあとは担当する部分を決めて描き進めて、最後に全体のバランスを整えたら完成!

作業を見ていた他のスタッフに、複数人で描くのによくまとめられるねーと言われたことがあったのですが、思い返してもそこでつまづくことはほとんどなかったと思います。普段からよくデザインのレビューをし合っているのが大きいのかもしれません。みんなお互いの感性は理解してますし、一番良いものに向かってアイデアを出しあって試行錯誤する過程は変わらないので!・・・と、かっこいい感じに言ってみましたが、実際はお互いの絵にツッコミ入れながら、ワイワイ騒がしく描いていますw

この黒板アートは、これからも続けていく予定です。いつものデザイン業務とは少し違う表現ができるので良い気分転換になりますし、いつも夜に描き始めるので次の日黒板を見たスタッフの反応も楽しみだったりするので。オフィスに遊びにいらっしゃる際は、ちょっと思い出して黒板を探していただける嬉しいです。入り口付近にありますので是非ー!