こんにちは。営業推進部の遠藤です。社内では「やすてき」と呼ばれております。ざんぎは醤油ダレよりも塩ダレ派です。
というわけで、そんなざんぎフリークの中では有名店でもある小樽の「なると」がなんと東京初出店!それもオフィスから徒歩5分ほどのところに出来たとあっていそいそと。
DSC_0913
ちなみに小樽本店はこんな感じ。
DSC05931
店内はテーブル席。
DSC_0266
本店は小上がりがメインですな。
DSC05889
さて、肝心のランチですが、まずはもちろん「ざんぎ定食」から。
こちらが五反田店。
DSC_0272
こちらが本店。
DSC05907
冷奴やお味噌汁というスタイルは同じですが、本店はスライスレモンに比べて、
DSC05910
五反田店はタルタルソースや和風おろしが付いておりさらにレタスも添えてあります。
DSC_0275
そしてなるとには大人気コンテンツがもうひとつありまして、それが半身揚げ。実は本店ではこちらのほうが人気だったりします。もちろん五反田店でもいただくことが出来ますよ。その定食がこちら。
DSC_0279
その名前の通り鶏の半身をがっつりいただくことが出来るわけですな。
DSC_0282
本店の半身揚げと比べても味もボリュームも変わりません。
DSC05916
これはきっと人気になりますな。
五反田店ではランチメニューとして他にも、鶏つくねハンバーグ定食、
DSC_0386
鶏と野菜のスープカレー、
DSC_0682
小樽ザンギ丼、
DSC_0690
自家製鶏そぼろ丼などがありますよ。
DSC_0922
いやー、どれも美味しくいただきました。今度は夜にお邪魔しようと思います。

●おまけ情報その1:五反田店ではざんぎ定食のざんぎを1個減らしてウーロン茶や緑茶のドリンクに変更することも可能です。
DSC_0695
●おまけ情報その2:小樽で本店に行くまでの時間が無い時は、小樽駅構内の持ち帰り専用売店がおすすめですよ。
DSC05940
半身揚げとざんぎの両方を販売。
DSC06655 (2)
ここからニセコ方面に足を伸ばすときにビールと一緒にいただくのがオススメです。
DSC06661 (2)
これからも陰ながら応援しております。
ご馳走様でした。

●なるとキッチン東京五反田店
・住所:東京都品川区西五反田2丁目26-4
・電話:03-6417-0780

●その他の五反田ランチ集中レポートはこちら
五反田「とん金」日替わりランチ完全レポート
TOCグルメシリーズ:ゆで太郎のクーポンをコンプリートしてみた。