PRの山王です。

11月22日に行われたマネーフォワードさん主催の「MFクラウドExpo 2017」に、弊社代表の中村とCOO吉田が登壇しましたので、その様子を少しだけお伝えします。

今回は、事業推進部のラッパー、シュウタツと一緒に参加しました。

予約台帳、のラップの隊長!ここに登場~!
(韻、踏んでます)
 
 DSC01413

MFクラウドExpo 2017」は、経営の課題をテクノロジーで解決するべく、具体的に「ITの活用」でどんな風に日々の経営改善ができるのか、さらなる企業成長の実現につなげられるのかを様々なセッションでお勉強ができるイベントです。今回、トレタは協賛いたしました。

まずは、クラウド労務人事ソフトを提供する SmartHRの宮田社長と、弊社COOのけんごち(吉田)さんのセッション。
 
IMG_8283

まずはトレタのサービスについての説明。

DSC01388

続いて、SmartHRのサービスについての説明。

SmartHRはトレタも活用しており、私は初めて使った時に、あまりの使いやすさに心の中でブラボー!と叫びました。

管理する側も、管理される側も細かい手作業から解放されて、気持ちよく仕事ができる様になる素晴らしいサービスです。
DSC01391

セッションを聞いていて、トレタとSmartHRには多々共通点があることに気がつきました。

2社はアナログで手作業が多い現場を改善しようという「課題解決型のサービス」であること。
だからこそ、実際に現場で活用してもらえることを一番に意識していて、「お客様の声の先にある本当の課題」と徹底的に向き合い、お客様のことを真剣に見続けている企業であること。

DSC01393

ちなみに、宮田社長の「今の時期の年末調整もサクサク終わります!」という言葉とともに、まだ年末調整を提出していなかった田さん(弊社PR)は横で「ハッ」と息を飲んでました。

DSC01394

この後、なんと宮田社長から直々の手厚いカスタマーサポートのおかげで無事提出。

DSC01415

続いて、ひとし(弊社代表)さんのセッションは「トレタの目指す、飲食店の生産性革命」と題して。

DSC01421

DSC01422

日本の外食産業は、多くの雇用を生んでいる一方で稼ぐ力が非常に低く、生産性を向上していくことが非常に重要なのですが、

トレタはアナログに取り残された飲食業界をITの力で変えていくことを目指しています。

実際にトレタのデモをお見せしながら、テクノロジーとは人力オペレーションの限界を突破するための唯一の方法である、とお話をさせていただきました。

この生き生きしたひとしさんの眼差し。

142

トレタは飲食業界を変えていくべく、
・膨大な手作業が多い飲食店の現場を、省略化・自動化・効率化させていく
・その場しのぎのどんぶり経営から蓄積データを活用したデータドリブン経営にしていく
この2つの側面から変えていくことを目指しています。

何より大切なのは「何を実現したいか」というビジョンであり、テクノロジーは「カーナビ」のようなツールなのだとお伝えしました。

今回、とても有り難いことにトレタのセッション枠が早々と満席になっていました。
ご静聴くださった皆さま、ありがとうございました!
 
DSC01432


ITにできることはITに任せることで、人は人にしかできないことに注力できるようになる。
「人 or テクノロジー」なのではなく、「人 × テクノロジー」なのだな、改めて感じました。 
そして、掛け算によって生まれてくるクリエーティビティは、人々の働く喜びをさらに引き出していくものでもあるのだと私は信じています! 

イベントで様々な学びを頂き、今日も心から感謝です!!