こんにちは、PR山王です。
今日は、「Ruby biz grand prix 2017」にCTOの増井と参加してきました。

「Ruby biz grand prix 2017」は、プログラミング言語「Ruby」の特徴を活かして新しいサービスを創出しビジネスを継続的に展開している事例を表彰するコンテストです。
 
トレタはノミネートされていたものの、今回は受賞ならず。 
うなだれるマスイドライブ(増井)。
DSC02045-2
 今朝、iPhoneを家に忘れて来たダメージと重なって、ふらついています。
DSC02046-2
しかし、Rubyの生みの親であり、Rubyアソシエーション理事長を務める「まっつ」さんこと、まつもとさんが仰っていた言葉を思い出しました。

「テクノロジーとは疎遠と思われていた島根県が、今はRubyの県として認知されているように、今回受賞した企業も、受賞できなかった企業も、かつて不可能だと思われたことを可能にしてきた企業であると思っています。これからも世界を良くしていくような活躍を期待しています!」 
DSC02040-3
…トレタ、これからも頑張ります!!  
 
祝福モードに切り替えて、美味しそうなお肉のところへ向かいました。
A4ランクの島根牛だそうです!
DSC02065-2
(いつか表彰状をもらう練習も兼ねて)拝受。
DSC02061-3
島根牛にはしゃぐマスイドライブ。
すっかり元気です。
DSC02063-2
今回は残念でしたが、飲食業界で働く方々がより豊かに働けるように、トレタも想いを込め精進し続けてまいります。

受賞された企業の皆さま、本当におめでとうございます!!